2007年10月20日

友人に関して

本題に行く前に、mixiって日記書きづらい、って事に関して。

mixiってポジティブなことしか書けないような雰囲気になってる気がする。愚痴とか、むかつくこととか、書くとたぶん性格悪いと思われるんだろう。「ありのままの自分を出しちゃえばいいじゃん!」という意見もあると思う。リアルの世界、例えば飲み屋で友達と飲むときなんかはありのままでいいと思う。でも、mixiという割と新しくてまだ得体のしれないメディアにありのままの自分をさらすことがどのような効果を生み出すかが分からないので、僕はびびってしまっている。

あと、マイミクが明るい日記ばかり書くから、自分だけ平凡な生活送ってるんだ、と被害妄想に駆られてしまう。淡々と日々のこと書いてるだけなのに、「あぁ、この人充足してるんだ、いいなぁ」と嫉妬してしまう。当然、嫌なことや愚痴もあって、そんなこと書いてもしょうがないから省いてるだけなんだろうけど、読んでるほうとしてはそう思ってしまう。自分としても、人にそう思わせたくないから、愚痴じゃない淡々とした日記も書けなくなる。

こんな俺は人の目を気にし過ぎなノイローゼなのだが、知り合いでつながっているmixiでは全く日記を書かないが、こういう誰が見てるか分からない、匿名ブログではありのままの日記を書くという、皮肉な状況に陥っている。こんな人最近多いのではないか。

自分にもmixiに日記を書きたい願望はあるんだと思う。みんな、どういう気持ちで書いているのだろう。

さて、本題の友人に関して思うこと(愚痴気味)

・N子について

最初に言っておくが彼女はとてもいい子だ。
これから書くことは、とりわけ悪い面を書いてしまう気がするが、一面的な見方であることを了承してほしい。

この子は非常に社交的。そういう面は尊敬してる。
ただ、ミーハーな一面がある。流行を追っかけて、自分の本質に合うものを探そうとしているのか疑問に思うことがある。
まぁ、ミーハーというのが悪いことかというと、そんなこともない気はする。僕もミーハーだし、ミーハーってことは浅く広く色んなものに触れられるということで、「深くせまく」というものに劣るということではないからだ。

N子は決して無知ではない。だが、これはミーハーという性格と関連があるか分からないが、物事を深く考えないところがある。対象の本質は何かとか、何かの流行にはまったら、なぜそれにはまったのか、とか、なぜそれが好きか、とか、この組織の権力構造はどうなってるか、とか、挙げたらきりがないが、とにかく物事を深く考えていないように見える。なので、私がN子と会話すると、かなり話が合うほうなのだが、時々「えっ?」と思うことがある。自分からすると中学生のような物事の認識なのだ。(自分棚上げだが)N子のこの性格はおそらく、他人中心な性格から来ていると思う。私なんかは、自分中心で、常に自分の中で内向的にものごとを考えるタイプなのだが、彼女はその逆。だから、非常に優しい性格で友達思いでその面ではすごく尊敬しているが、あまり自分の頭で物事を反芻して考えたりはしないのだろうと思う。あと、彼女の外交性から来るエピソードだが、私が会社を辞めてしばらくたった頃、「あの人きっと寂しいと思うよ。」と言っていたらしい。私はそれを聞き、優しいなぁと思うと同時に誤解に少し腹立ち、また「あぁ、外交的な人は、集団の中にいないと寂しいのか。」と気付いた。ちなみに私は会社を辞めてから、一度も寂しいと思ったことはない。内向的な人は孤独に強いのだろう。

ミーハーということと、このような思慮深くないという点があいまって、時折N子はすごく浅はかな人物に見えてしまうのだ。ミーハーというのが長所であるにも関わらず。

ミーハーというのと思慮深さは同居しえないのだろうか?自分にはこの二つは違うベクトル上にあるような気がするので、同居しえる気がする。なので、N子には思慮深いミーハーになってほしいなぁと思うのだ。そうすれば、彼女はさらに魅力的な女性になると思う。








【関連する記事】
posted by 横浜振動 at 04:24| Comment(35) | TrackBack(0) | いやらしい思索 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月12日

有島武郎「小さき者へ・生れ出づる悩み」を読んだ

有島武郎の「小さき者へ・生れ出づる悩み」を読んだ。

有島は「君」を尊敬している。資産階級である有島は漁業というつらい家業をせざるを得ないがそれでも絵への執念を持ち続ける「君」にコンプレックスを持っているようだ。それがわかるのが、有島は自らを「白い手で芸術をうるもの」としている。

社会の仕組みの不合理さに気付きながら上流にいるという矛盾に苦しんでいたのだろう。

好きな音楽が飽きるほどできるほど金持ちだったらいいのにと思っていたが、これを読んで、確かにそれも矛盾に苦しみそうだと思った。自分で生計を立てる中、努力してそういう好きなことをやる、というのは美しいかもしれないね。
ラベル:有島武郎
posted by 横浜振動 at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月05日

夏目漱石「こころ」を読んだ

夏目漱石の「こころ」を読んだ。

高校くらいの時、教科書かなんかで少し読んだ気がするのだが、今読むとすごく分かる部分が増えている。人間は完璧ではない、と漱石は考えているのだろうか。「人間らしい」という言葉をそのような文脈で使っている。

「僕」、「先生」、「K」の3者とも漱石自身を描いているのではないかと思う。3人に分けてはいるが、小説を通して漱石の内省の過程を描いているのだと思う。

私は最近、このような「名作」をよく読むのだが、小説もハウトゥ本なんかと同じ感覚で読んでもいいのではないか、と考えるようになった。「こころ」は、正直物語として面白いとは思わなかった。でも、漱石の思索を通して自分の心におきる現象も、見えやすくなる気がして、自分の精神の成長に役立つと感じた。(だからタイトルが「こころ」なのか?)このような実利を求めて小説を読んだっていいのでは、と思ったのだ。


関連ブログ記事:
http://www.kanshin.com/keyword/1143876
ラベル:夏目漱石 こころ
posted by 横浜振動 at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月29日

安野モヨコ「働きマン」を読んだ

安野モヨコ働きマン」を読んだ。
編集者という泥臭い仕事をあれだけかっこよく描けるのは素晴らしいと思った。
読み物としてとても楽しいから、本としての役割は十分果たしている。
また、編集者の仕事の仕方、職場、人間関係などをかなり詳細に描いている。
ただ、雑誌業界と多少付き合いがあった私としては、
編集者という仕事の嫌な部分をサラっと表面的にしか触れて
ないなぁという印象をうけた。仕事の醍醐味の部分だけを
とりわけ強調しているように見えた。
たしかにこの漫画はリアルだが、あくまで仕事が大好き、
仕事しかない、仕事に前向きな人の視点だ。
なので、読んでいて仕事に対するやる気をもらえる
のだが、自分とは違う視点なので疲れもする。

この作品は、私の以前の職場の人物をモデルとしている
のかと思うくらい似ていたなと思った。

「リベラル」な女性について描かれた本であり、
「リベラル」な女性、あるいはそれに憧れる女性が
読む本だ。なので、基本フェミニストである「リベラル」
な男も読みうる。

ただ、不思議なのは、「リベラル」な女性はがむしゃらに
働きたがり、「リベラル」な男性はプライベートを大事に
しがたる傾向があることだ。
「リベラル」は男女で同じ意味であるはずなのに、
結果が違って出てくる。もしかすると、ここでの
「リベラル」は「既存に反抗する」ということ
でしかないのかもしれない。では、真のリベラルとは
何であろうか?

また、この漫画は「リベラル」な女性の視点のくせに、
かっこいい男の上司っぽいキャラが固定化されている
のが気になった。どこかお父さんのように包んでくれそうな
、色んな悲しみを知っていて寂しい目をし、飄々と生きている
感じの男。
そこにはやはり、「守られたい」という視点を感じる。
男モードでバリバリ働きますが、やはり甘えられる逃げ場を
残してしているのだ。

では、なぜ逃げ場を作る必要があるか?
それは、「男スウィッチ」という言葉を見れば分かる。
これは現状の社会における男並みに働くということだ。
男の負担を下げて女の負担を上げ等しいレベルにした後の
「男モード」ならこんな甘えは残らないであろう。

なので、この漫画は真のリベラルではない。
「リベラル」に憧れる女性に向けたファッションのように
「リベラル」を提案する作品だ。
これに影響を受けた女性が芯のない男に対して
辛く当たるのが懸念される。


関連ブログ:
http://d.hatena.ne.jp/takashi1982/20071009
http://www.rgs680.com/ashi/puchireview/hatarakiman.html
posted by 横浜振動 at 14:40| Comment(0) | TrackBack(3) | 働くということ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月26日

人材紹介会社との面談

昨日はある人材紹介会社のコンサルタントと面談した。
まぁ、会社を一年で辞めてのらりくらりしている私なんか
馬鹿にされるかもと多少冷めて行ったのだが、
別にそんなこともなく、割と真剣に相談にのってくれた。
といっても私は具体的に相談することなどなく、
なんとなく人の意見が欲しかったのだ。
自分一人で就活をしていても煮詰まってしまって先に
進まない。新鮮な風が欲しいなと。

彼はまず、「正直になりましょう。」と言った。
そこで私は「あぁ、これは別に採用面接ではなく、
かっこつける必要はないんだ。」と少し安心したが、
完全に正直になれることはなかった。
自分の時間が欲しくて会社を辞めた、そんなに長時間働きたくない
など言えない。

まぁ一人でネットで選んでても全くピックアップできなかったが、
人に相談するとすぐにポンポン案がでてくる。
これを期待していたわけだが。すごく受動的な就活。
だって、働きたくないんだもん。
でも自分で生きてきたい。まぁ今も自分の貯金で食ってるけどね。

昨日細木数子の番組で100名の高校生が出てきて、
色んなアンケートをし細木が説教するという番組があった。
半数以上の高校生が「ずーっと高校生でいたい。」という
答えを出していた。
これは、私のようなものには不思議でもなんでもないわけであるが、
出演者の上からの説教に非常に腹がたった。

てめーらみてーになりたくないから一生高校生でいたいと思うんだろが。正直、日本は大人になるほど馬鹿になる傾向が強い。
24を過ぎると頭が固くなる。
こういう大人になりたいという像が全くもてない。
堀江みたいな自由人はつぶされてしまうし。
出る杭は打たれるから、結果的にみんなだめな大人になる。

細木やタッキーが尊敬できないからって批判するわけじゃない。
若者に言葉で説教するんじゃなくて、自分のようになりたいと思われるように行動でしめせ。言葉で言った瞬間すごくかっこ悪くなる。
自分の生き様で教育するしかない。








ラベル:転職
posted by 横浜振動 at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 働くということ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月24日

法律と慣例のせめぎあい

社会のルールは大きく分けて二つあると思う。
一つは明文化された法律。もう一つはなんとなく社会に根付いている慣例。前者は基本的に一つの社会に一つだが、後者は何段階ものレベルに分かれている。

この法律と慣例のせめぎあいが、世の中の問題を多く生んでいると思う。例えば、談合。土建屋業界の慣例では、談合することがよいこととされているんだと思う。慣例の中で生きていると、法律を傘に批判してくる連中が、「犯罪者」に見えるのだろう。
また、企業内の搾取構造もそうだ。経営者の慣例では、労働者を法律の基準以上にこき使うことは別に悪いことではない。なので、労働問題が多発する。

法律は、その通りに社会を運営すれば効率よく社会全体が機能するように作られている。だが、諸々の慣例が法律通り社会を運営することを妨げている。日本人の売りはチームワークや協調性とよく言われるが、社会全体の効率を慣例によって落としている。ヨーロッパの国、例えばオランダは、法律を変えることでドラスティックに社会構造を変えることが可能な国である。ワークシェアの取り組みも成功している。
日本が社会を改善できない理由は、このような慣例が法律を妨げているからではないか?チームワークが売りなはずの日本人だが、国全体の規模になるとあまりチームワークが機能しない。

欧米人は法律が一番だと考えているので、効率よく機能するのだ。日本では法律が一番だと思いたくても思えない土壌がある。法律を遵守すると慣例を破ったりして損をすることが多々あるからだ。なので、日本では法律を見つつ横目で慣例にも注意を払わなければならない。だから、ドラスティックでパワフルな改革にもパワーが出ないのだろう。
ラベル:法律
posted by 横浜振動 at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | いやらしい思索 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

梅田望夫「ウェブ進化論」を読んだ

梅田望夫の「ウェブ進化論」を読んだ。

賞賛も批判もしないが、インターネットを日々使っている人は感覚的に分かっていることなので、そういう人に改めて説明する必要があるのかは疑問。ネットのことがあまりわかっていない人が読むとそこそこ勉強になるかもしれない。とりあえずgoogleはすごくって、yahooや楽天はまだまだだってはなし。

ただ、こういう本てどうせ3年もしたらあまり価値がなくなる内容だと思う。ネットの話するにしても、もっと深くて普遍的なテーマのほうがいいかもね。
ラベル:web Web2.0 IT
posted by 横浜振動 at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月19日

今日見た夢の話

一ヶ月のオーストラリアの短期留学で仲良くなった

日本人の友人と帰国後、日本であっている僕。

僕を含め7人くいたが、なぜか全員武装している。

武器は西部劇に出てきそうな古めかしい銃だ。

長さは人それぞれで猟銃のように長い人もいれば、

警察官が持っていそうな短い銃の者もいる。

銀ピカで綺麗な銃を持っているもの、

真っ黒で泥まみれの銃のものもいる。

僕らはなぜか僕の横浜の実家に行くことになる。

歩いて移動している間、その中の女の子が、

またオーストラリアに長期で住むという話になる。

僕が「お金とかはどうするの?」と聞くと、

その子は「ちょっと著作権で定期的に収入ができそうなの。」

という。しかし、僕は知っている。彼女がネットワークビジネス

という名のねずみ講に参加していることを。彼女は

それを生活費のあてにして行くのだろう。

ようやく僕の実家に着き、みんなで居間で一息つく。

しばらくすると、一人の男が、「敵襲だ!」と叫んだ。

みんな自分の銃を手に取り、それぞれの持ち場についた。

だが、敵はなかなか家までやってこない。

そこで、僕ともう一人の男が偵察に行くことになる。

その男は僕より10mくらい前を歩いている。

そこで、一人の男の敵が「うわ〜〜!」と叫びながら

飛び出してきた。銃ではなく、日本刀を持っている。

なぜか我々も日本刀しか持っていない。

10m先を歩いていた仲間は、敵に気付かれなかった。

僕だけ気付かれ、僕の方向に敵が突進してきた。

気付かれていない仲間はじっと動かず助けに来てくれない。

敵は見覚えのある顔だった。

オーストラリアで会った日本人男性だ。

白い和服のようなものを着ている。

僕は恐ろしかったが、必死にもみあっていると、

彼は刀を落としてしまった。

僕が刀を振りかぶると、彼の顔がこわばる。

僕は必死に彼の胴体を切りつける。

致命傷を負ったはずだが、彼はまだ

素手で対抗しようとしてくる。

しかし、彼の力は弱っている。

今度は刀で彼の胸を突き刺した。

僕と彼の視線がぶつかる。

彼の表情がだんだんと怒りから悲しみへと変化する。

彼は目をあけたまま死んだ。

ようやく銃で武装した仲間達がでてくる。

助けてくれなかった仲間も、

何食わぬ顔で戻ってきた。

しかし7人いたはずの仲間が一人減っている。

その仲間は、そこに白い和服を着て血まみれで

死んでいるのであった。

ラベル: 戦争
posted by 横浜振動 at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月17日

映画「ねじ式」を見た

映画「ねじ式」を見た。

つげ義春氏の原作が大好きでこの映画を見たわけだけど、正直いまいちだった。漫画の絵じゃないとシュール感が出ないということだと思う。

ねじ式だけでなく、つげ氏の作品を満遍なくつなげている。
これ最初に見て漫画を見なくなってしまうのは困るなと思った。
posted by 横浜振動 at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「アイデン&ティティ」を見た

映画「アイデン&ティティ」を見た。
面白かった。

何かしら文化系の夢を持っている人間は非常に共感できる映画なのではないか?
就職か夢か、売れ線かやりたいことか、仲間との不和、理解ある恋人。
そのようなテーマは非常に共感を持てた。
posted by 横浜振動 at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。