2007年09月03日

「七人の侍」を見た

ケーブルテレビの日本映画チャンネル日本映画チャンネルで、
太田光一日編成局長という企画だった。

24時間全部見よう、一本目の「七人の侍」だけ見て、
寝てしまった。

小学生くらいの時、父が借りてきて一度見たことがあるが、
そのときは何がなんだかわからなかった。
今見るとその時よりはよくなってきた。
というのは、白黒への抵抗や録音が悪くて聴きづらい部分が、
歳の功があって苦にならなくなってきたからだろう。

でも太田がいうほどの面白さはわからなかった。
確かにあれほど長いけど、長く感じないし、
面白いのだけど、いまいいち太田と同じレベルまでは
楽しめてない。
うちのテレビはめちゃくちゃ小さい画面なので、
迫力が伝わってこなかったのかとも思う。

好きな登場人物は菊千代かな。
暴れん坊なんだけど、心優しいところがいい。

久蔵のストイックさもかっこいい。

勝四郎のダメさ加減もいい。

とこう書いていくと一人一人の個性がよくたっていて
面白いなと思う。
最後意外にも7人中半分以上あっさり死んでしまうところが
いい。

なんかあまり深い感想にならなかった。
今度は大画面で見たい。










posted by 横浜振動 at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。