2007年09月09日

会員制倉庫型店舗「コストコ」@横浜市金沢

昨日は家族で横浜の金沢区にある会員制倉庫型店舗「コストコ
に行った。

ぬぎっばなし
ぬぎっぱなし

金沢は港が近く、倉庫がたくさんあるのでが、
倉庫でそのままモノを売ってしまおうという
コンセプトをアメリカからもってきてできたのが
コストコだと思う。
おそらく輸送費なんかが浮くので
安くできるという発想だと思う。

最初来て驚いたのが、4200円払って会員にならないと
中に入れないというもの。
すこし違和感があったが、わざわざ遠くまで来たし、
一年以内に解約すれば戻ってくるというものだったので
仕方なく入った。ちなみに家族で4200円ということらしかった。

コストコ1

天井が高くて広々していた。日曜ということもあり
混んでいて歩きづらかった。大きなアメリカ式のカートを
採用しているのだが、それを持たなきゃ中に入れないという
決まりもあった。軽く買い物したい人には不便かもしれない。
食べ物はかなり大きなパッケージとして売られている。
さんまが7本約500円でお得な感じがした。

でも多くの日本人家族にとっては、
そんなにたくさん一つの食材を買うのは適していない
気がする。日本人は少ないものを幅広く買える方が
合っている気がする。コストコはぶっちゃけて、
広い店舗の割りには商品の数が少ないと思う。
というのは、倉庫なので、同じ商品を大量に重ねて置く
ため、あまり種類は増やせないのだと思う。
また、そこまでのお得感は感じなかった。
4200円を払って入会するのだから、
もっと秘密めいたお得感、安さがほしいが、
そんなに普通のスーパーと変わらない気がする。
種類でいえば日本のスーパーやデパートのほうが
格段に多い。

コストコ2

店員もアメリカ式の働きかたで
ぶっきらぼうな人が多かった。
外国人の店員が印象的だったが、
あの人達はアメリカから派遣されて、
コストコ方式を指導している人なのだろうか。
それとも単に日本にいる外国人を雇っただけだろうか。
前者の場合、一スーパーの従業員で海外駐在ができる
というのは、面白いなぁと思った。(スーパーの人に失礼か)

こう考えるとコストコに行くメリットってなんだろう
と思う。そこまで品揃えも多くない。破壊的に安くもない。
おそらく、知人と数人で行って、大パッケージの食材を買い、
分けるのがいいかなと思う。


関連ブログ:
http://takayumi.at.webry.info/200702/article_13.html#trackback



posted by 横浜振動 at 12:28| Comment(0) | TrackBack(0) | くだらん産業分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。