2007年09月14日

中沢新一「アースダイバー」を読んだ

文化系トークラジオLife柳瀬博一氏がお勧めしていた、
中沢新一氏のアースダイバーを読んだ。

東京の街を縄文地図を持って散策し、縄文から現代へのつながり、
を解き明かしていくというような作品。各地の都市伝説的なもの
が知れる。そこそこ面白かった。

銀座に広告会社が多いのは、山東京伝から始まっているなんて
知らなかった。江戸時代から脈々と受け継がれているもの
なんだ。

ところどころにちょっとエロテーストがあるのが最初疑問だったが、
週刊現代に連載していたものと知って納得。むしろ週刊現代で
あそこまでアカデミックなものをやるんだ、と思った。


posted by 横浜振動 at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。