2007年09月15日

今日見た夢の話

いつもと違う雰囲気の近所を僕は歩いている。

トイレを借りにドトールに行くと、

なぜか一流大学に行っていた友人が掃除をしている。

僕はまた歩き出したが、ワイシャツとトランクスしか

着ていないことに気付く。皆が僕を変な目で見る。

恥ずかしくなってドトールに引き返す。

トイレのドアを開けようとすると鍵がかかっている。

がっかりしていると、店員が「服をお忘れのお客様ですね。」

と、綺麗にたたんだ僕の服を渡してくれた。

その夜、高校時代の仲間と同窓会。

一通り飲むと、いつもの流れでキャバクラに行く。

とてつもなく大きな扉で中世のお城の門ようにいかめしい。

おばけのホステスしかいないのではとたじろぐが、

みんな普通に入っていく。

入ると中はジュリアな東京のように、

盛り上がっている。いる人もバブリーな格好をしている。

そこで目がさめた。今まで眠っていたのに、

すごく脳が疲れている。


ラベル:
posted by 横浜振動 at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。