2007年09月29日

安野モヨコ「働きマン」を読んだ

安野モヨコ働きマン」を読んだ。
編集者という泥臭い仕事をあれだけかっこよく描けるのは素晴らしいと思った。
読み物としてとても楽しいから、本としての役割は十分果たしている。
また、編集者の仕事の仕方、職場、人間関係などをかなり詳細に描いている。
ただ、雑誌業界と多少付き合いがあった私としては、
編集者という仕事の嫌な部分をサラっと表面的にしか触れて
ないなぁという印象をうけた。仕事の醍醐味の部分だけを
とりわけ強調しているように見えた。
たしかにこの漫画はリアルだが、あくまで仕事が大好き、
仕事しかない、仕事に前向きな人の視点だ。
なので、読んでいて仕事に対するやる気をもらえる
のだが、自分とは違う視点なので疲れもする。

この作品は、私の以前の職場の人物をモデルとしている
のかと思うくらい似ていたなと思った。

「リベラル」な女性について描かれた本であり、
「リベラル」な女性、あるいはそれに憧れる女性が
読む本だ。なので、基本フェミニストである「リベラル」
な男も読みうる。

ただ、不思議なのは、「リベラル」な女性はがむしゃらに
働きたがり、「リベラル」な男性はプライベートを大事に
しがたる傾向があることだ。
「リベラル」は男女で同じ意味であるはずなのに、
結果が違って出てくる。もしかすると、ここでの
「リベラル」は「既存に反抗する」ということ
でしかないのかもしれない。では、真のリベラルとは
何であろうか?

また、この漫画は「リベラル」な女性の視点のくせに、
かっこいい男の上司っぽいキャラが固定化されている
のが気になった。どこかお父さんのように包んでくれそうな
、色んな悲しみを知っていて寂しい目をし、飄々と生きている
感じの男。
そこにはやはり、「守られたい」という視点を感じる。
男モードでバリバリ働きますが、やはり甘えられる逃げ場を
残してしているのだ。

では、なぜ逃げ場を作る必要があるか?
それは、「男スウィッチ」という言葉を見れば分かる。
これは現状の社会における男並みに働くということだ。
男の負担を下げて女の負担を上げ等しいレベルにした後の
「男モード」ならこんな甘えは残らないであろう。

なので、この漫画は真のリベラルではない。
「リベラル」に憧れる女性に向けたファッションのように
「リベラル」を提案する作品だ。
これに影響を受けた女性が芯のない男に対して
辛く当たるのが懸念される。


関連ブログ:
http://d.hatena.ne.jp/takashi1982/20071009
http://www.rgs680.com/ashi/puchireview/hatarakiman.html


posted by 横浜振動 at 14:40| Comment(0) | TrackBack(3) | 働くということ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月26日

人材紹介会社との面談

昨日はある人材紹介会社のコンサルタントと面談した。
まぁ、会社を一年で辞めてのらりくらりしている私なんか
馬鹿にされるかもと多少冷めて行ったのだが、
別にそんなこともなく、割と真剣に相談にのってくれた。
といっても私は具体的に相談することなどなく、
なんとなく人の意見が欲しかったのだ。
自分一人で就活をしていても煮詰まってしまって先に
進まない。新鮮な風が欲しいなと。

彼はまず、「正直になりましょう。」と言った。
そこで私は「あぁ、これは別に採用面接ではなく、
かっこつける必要はないんだ。」と少し安心したが、
完全に正直になれることはなかった。
自分の時間が欲しくて会社を辞めた、そんなに長時間働きたくない
など言えない。

まぁ一人でネットで選んでても全くピックアップできなかったが、
人に相談するとすぐにポンポン案がでてくる。
これを期待していたわけだが。すごく受動的な就活。
だって、働きたくないんだもん。
でも自分で生きてきたい。まぁ今も自分の貯金で食ってるけどね。

昨日細木数子の番組で100名の高校生が出てきて、
色んなアンケートをし細木が説教するという番組があった。
半数以上の高校生が「ずーっと高校生でいたい。」という
答えを出していた。
これは、私のようなものには不思議でもなんでもないわけであるが、
出演者の上からの説教に非常に腹がたった。

てめーらみてーになりたくないから一生高校生でいたいと思うんだろが。正直、日本は大人になるほど馬鹿になる傾向が強い。
24を過ぎると頭が固くなる。
こういう大人になりたいという像が全くもてない。
堀江みたいな自由人はつぶされてしまうし。
出る杭は打たれるから、結果的にみんなだめな大人になる。

細木やタッキーが尊敬できないからって批判するわけじゃない。
若者に言葉で説教するんじゃなくて、自分のようになりたいと思われるように行動でしめせ。言葉で言った瞬間すごくかっこ悪くなる。
自分の生き様で教育するしかない。








ラベル:転職
posted by 横浜振動 at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 働くということ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月07日

ようやく就活

ようやくリクナビネクストに登録した。
以前いた会社名とか入力するのは
抵抗があった。その会社の人事担当者が
見てしまったらどう思うだろうかと心配だったが、
一応特定の企業に見せないようにブロックできるみたい。
それでも心配だな。知り合いで人事部とかにいってる人が
見れたりするのかな。

入力で一番困ったのが、
「次のキャリアで実現したいこと 」という欄。
別にそんなのない!食えればいい!
労働条件がよければいい!

学生のとき、自分の職業について熱く語れる人が
不思議だった。本当に心のそこからその仕事がすきなの?
という疑問をいつも持っていた。
趣味が仕事になっちゃった人は納得できるが。

社会人になればそういう感覚がわかるのかな、
と思っていたが、1年ちょい働いてみた結果、
全くそういう感覚が生まれない。まぁ、期間が
短すぎるかもしれないが。
ほぼ学生の時と感覚が変わってない。
少しだけ変わったのは、学生のときは「就職しなきゃ。」という
固定観念だったが、今は「食ってかなきゃ。」というように
少し幅が広がったこと。

なので、次のキャリアで実現したいことなんかない。
というか、そんなのみんなあるのかな?
そんなに計画立てて人生送ってるのかな。
俺は究極の行き当たりばったりだ。

でもその欄も埋めなきゃオファーが来にくいので
なんとか書かなきゃ。
くだらないことしかかけないよ。困ったな。




posted by 横浜振動 at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 働くということ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月06日

なぜ会社を辞めたか

相当ガキな考えなので仕事を持っていてる方で
この文章を読んで不愉快になる人もいるかもしれません。
あらかじめご了承願います。

私が会社を辞めて4ヶ月が経ってしまった。
本当にあっという間であった。
この期間私は何をしていたのだろうか。
会社にいるときできなかったことを
めいっぱいやると同時に
労働観や仕事観の本を10冊以上は読んだ。
その読書から得られたものは何だったのだろうか。
正直いって読書から多くのものを学べるとは思えなかったが、
一つ分かったことがあるとすると、
「自分で食っていければ誰も文句は言わない」
ということである。

「好きなことを仕事にする。」という一つの考えかたがある。
私は学生の頃から、好きなことっていうのが、馬鹿デカイこと
である人はどうするのであろうか、という疑問を持っていた。
そういう人の事を、「現実と折り合いをつけなきゃダメだよ。」
という人がいるが、折り合いをつける=好きなことをやってない、
ということになると私は思う。好きなことに制限をつけていたら、
それは好きなことではない気がするのだ。

このような思考のどうどうめぐりを学生の頃からずっと
してきたわけであるが、大人と言われる年齢になり、
一つの会社を経験し退職すると、親のもとにいづらくなる。
生活費その他貯金から払っているもののいづらくなる。
その感覚を味わっている現在、一つの結論に思い至る。
「あぁ、結局自分で食えればいいわけね。」ということだ。
この今考えると至極あたりまえな感覚が学生のころはなかった。
仕事に関して、「好き」とか「稼げる」とか「成長できる」とか
そういう付属的な面ばかり見てきた。
結局一番大事なのは、「自分で食ってく」ってことなんだと。
なぜ人は働くかという質問の正解は「食ってくため」が
正解だと思う。

この質問に対して、「仕事が楽しいから。」とか、
「人の役に立ちたいから。」と社会人が学生に対して答えるのは
あまりよくないことのような気がする。
このような答えは、仕事の一番大切な部分から
目を離させてしまうと思う。
宝くじで10億円当たっても同じ仕事を続けると
胸を張って言える人でないと「仕事が楽しいから」
みたいな答えをしてはいけない気がする。
仕事は食ってくためにする。その代わり、食っていければ
何しても自由。
日本人は(他国は知らないけど)もっと「食っていければ何しても自由。」
という感覚を持ったほうがいいと思う。

それによって、「食うためにはどうしたらいいか。」ということを
もっと深く考えるようになる。「食えるようになったら何をするか。」
ということも考えるようになる。
現在の日本は、食えているのに、「サラリーマン的な仕事」で
ないとダメみたいな固定観念が少しある気がする。
食えりゃいいじゃん!と私は思う。
「食っていければ何しても自由。」ということを学生や
子供達にも伝えていってほしい。

さて、私がいた会社を振り返ってみたい。
会社のいやだった部分をあげておきたい。
この中には辞める理由になったものと
我慢できるものがあるが、とりあえず両方
あげておく。同レベルとして扱うのはどうか
というのもあるが、とりあえず箇条書き的にあげてみる。
かなりわがままなことを思っているのは認める。

1.この会社にいた10年後の自分の姿がリアルに想像できてしまう。
2.プライベートが無い。(残業多い、飲みが多い)
3.長いものにまかれろ的雰囲気
4.新しいことに挑戦できない。
5.尊敬できる先輩が一人もいない。
6.組合幹部が出世コース。
7.メンターがいない。

まぁ細かいところをあげればきりがないし、
いやなことだから、お給料がもらえる
ということも重々承知している。
以上のものがすべて我慢できないわけじゃない。

徹底的に我慢できなかったのは2である。
土日は基本的には休みではあったが、
月1度くらいは出張が入るし代休もとれない。
代休というシステムはあるが、誰もそんなことを
考慮して仕事をしていない。
残業で9時10時はあたりまえで、終電を逃すこともざら。
たまに早く仕事がかたづくと、先輩に飲み行くぞと
連れていかれて、朝方まで飲まされる。
そんなの断ればいいじゃん、と思うかもしれない。
私も会社に入る前はそう思ってたし、
最初はがんばって断っていた。
それが、会社の飲むカルチャーはかなり根深い。
一個人のそういった「わがまま」はねじりつぶされてしまう。
私はそんなに酒に金と時間を使わないで、みんな英会話でも
習えばいいじゃんと思っていた。

このご時世このような会社はざらであることも
友人の話を聞いて知っている。
でも私は趣味を大事にしたいと思っている。
趣味ができないのは、我慢できない。
そういう気持ちをかなり頑固に持っている。
本当にそれだけ。2がクリアできれば
それ以外の項目は実はなんともなかったりする。
どんなにひどい仕事でも自分の時間さえ作れればいいのに、
と思っていた。

辞めて数ヶ月がたち、思うのは、
このような悩みを相談できる先輩が一人でも
いればよかったと思う。(それで問題が解決するわけではないが)
新人の教育は、同部署の先輩にすべて任される。
同部署で同じ仕事をしている先輩は利害関係があるので
悩みなんて相談できるはずがない。
「愚痴言ってんじゃねー!」と怒られるだけだ。
もし、全く利害関係のない部署にメンター役みたいな
先輩がいれば相談できて、もう少し深く考えること
ができたのではないか、と思ってきた。
まぁ、結論は変わらなかったとは思うが。

そのような判断で会社を辞めた現在、
食っていくために他の仕事を探している、
あるいは仕事を作ろうとしている。
友人に起業の話をもちかけられたりもした。

正直いって、趣味の時間を持ちながらできる
仕事が存在するのかわからない。その趣味自体を
仕事にしなければ不可能ではないか、という思いもある。

そのあたりが現在わからないことである。
こんなこと本を読んだからってわかることではない。



ラベル:労働 仕事 会社 起業
posted by 横浜振動 at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 働くということ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月05日

黒井千次「働くということ」を読んだ

ブックオフで今自分の中で旬なテーマがまさにタイトル
であったので買ってしまった。

著者の黒井千次氏が会社に入った時の心持が私と非常に似ていた。
彼は小説を書くことを自分の仕事と決め手いたが、
実社会なるものを学ぶための手段として、
いささか不純な動機を持って会社に入った。

しかし会社に入って働きだすとそんな考えは甘いという
ことを思い知らされる。ここも私と全く一緒だ。

しかし彼は15年も勤めた。10年もたつと
「仕事が自分の内部に入り込んで」きて
仕事に熱中することもあった。

著者はこの「仕事が自分の内部に入り込む」とい
感覚を大事にしていて、肯定的に捉えているようだった。
与えられて仕事に熱中できることはよいことだ。というように。
「入り込む」感覚とは、仕事の当事者になることで、
ミスの痛さが自分の痛さに感じられるレベルのことである。
と理解した。

私は「入り込む」前に会社を辞めた。
そのような経験をしていたらどうなったであろうか。
そのような経験の差が私がもといた会社の先輩方との
モチベーションの違いだったのだろう。

この本に関して興味深い感想を残していたブログあったので、
リンクを貼らせていただく。
http://blog.so-net.ne.jp/kuina-blog/2006-05-21
http://ryoubihuhu.livedoor.biz/archives/53269438.html
http://agx04dragon.blog98.fc2.com/blog-entry-19.html
http://blog.livedoor.jp/shondy/archives/23971205.html
http://chikun.blog.ocn.ne.jp/happylife/2006/09/post_4b4d.html




posted by 横浜振動 at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 働くということ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「労働と人生についての省察」を読んだ

最近本を読みまくっている。暇で本ばかり読んで
社会と接していないと、自分が賢くなっているという
錯覚に陥る。本をたくさん読んだからって賢くなるわけじゃないぞ
と自分を戒める。なぜ本を読むか。単純に現在不思議に感じること
を解明したいからだ。でも、文字面で解明できた気になっているだけで
実際何もわかっていない可能性が多々あるので、
知識を誇ることは本当にやめたい。
では、今日読み終わった本の感想。

少し前によんだハンナ・アレント人間の条件よりは
ましだったが、この本もかなり難解であった。
ただ、私も労働経験があるので、悪質な労働が人間に
与える影響についての描写は生生しく感じた。
ヴェイユは哲学者でありながら、労働者と一体になろうと
一年間実際に工場に勤めるなど、頭で考えた理屈だけ
いう学者なんかに比べて非常に尊敬できる。

彼女は過酷な労働の中で、冷静に労働の問題点を指摘する。

「恐怖と金銭という飴。ストイシスムによってこの二つの
感情を抹殺することは、要求された調子で働く状態の
外に立つことになります。」(P158)

このような状況の中で働き続けるには、倫理的堕落を
許容するしかない。思考し続け、プライドを持ち続ける
ことは絶望に近い苦しみを意味する。

「現状の中にある最も逆接敵なものはこういうことです。
経営者達は、もはや失うべきものが何もないと信じているために、
革命的な言動を致します。労働者達は失うべきかなり重要な
何者かを持っていると信じているがゆえに保守的な
言動をしています。」(P200)

現代の労働者でさえそうだ。

「一日の労働時間中に受けた苦情を分析するよりも、
支払い伝票に記入された数字について要求する方が
容易である。それゆえに、給料の問題はしばしば
他の致命的要求を忘れさせる。」(P219)

私が会社にいたとき感じたことを見事に言語化してくれた。
問題は金じゃない。

これらの労働観が現代にそのままあてはまるとは
思わないが、どんな労働でも本質的にはこのような面を
持っていると思う。
ヴェイユは労働の問題点を生生しく指摘した。
だが、私が最後のページまで期待した、そのような
労働にどう向きあうべきか、ということには触れてなくて
少しがっかりした。
正直、労働が人間にとってただならぬ問題であることは
分かっている。一個人がどう努力しても、政治家や
学者でない限り、その状況は変わらない。
であれば、その現実にどう向き合って、どう乗り越えていけば
よいか、を彼女の主観でいいので語ってほしい。
弟や妹が労働に関して悩んでいたら、
彼女はどうアドバイスしたであろうか。
そのようなことが言えない限り、いくら労働者と一緒に
働いたりしても、学者の域を出れないと思う。






posted by 横浜振動 at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 働くということ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月03日

働くことについての周囲の意見B

辞めることが社内で発表されたあと、
一人の若手の先輩と飲みに言ったときに言われたこと。

「僕は君みたいに辞められるのは尊敬してますよ。
でも、僕は会社帰りにこうしてグダグダ飲む生活で
いいんですよ。」

自分は全然尊敬される人物じゃない。
ただ、辞めただけだ。
ラベル:先輩 仕事 転職 会社
posted by 横浜振動 at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 働くということ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

働くことについての周囲の意見A

会社を辞めようと直属の部長に相談したとき言われたこと、

部長「辞めてどうする?食っていけんのか?」

俺「なんとか働いて食ってきます。」

部長「どんなところで働こうと思うんだ?」

俺「倉庫会社とかで働きます。そっちのほうが
  残業とかないので。」

部長「そんな自分の時間を切り売りするような
   仕事をするのか。」


部長は自分の仕事は時間を切り売りしているという
つもりはないようだ。

ラベル:仕事 労働 転職
posted by 横浜振動 at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 働くということ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

働くことについての周囲の意見@

今日父に言われたこと、居酒屋で。

「第2次産業までしかなかった時代は良かった。
もの作りというものはほとんど必ず人のために
なっているからな。でも、第3次産業は、サービスという
ある意味あいまいな商品を提供することっていうのはな、
必ずしも人のためにならないこととか、むしろ世の中にとって
よくないことってこともよくあるんだぞ。
例えば、保険会社で保険の支払いを断る部署の人とかね。
最近でいうと社保庁の人なんかもかわいそうだよな。
だから、お前がベンチャー企業に入るのを考えているのも
ちょっと心配なんだ。ベンチャー企業はそういう会社が多いからな。」

みたいな話をしてくれた。
ベンチャーに対する意見は少し偏っていると思うが。
やっぱり人のためになってない仕事っていうのは
不幸なのかもしれないな。とちょっと思う。


ラベル:仕事 労働 親子 保険
posted by 横浜振動 at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 働くということ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。