2007年09月03日

SICKOを見た。

父が見たいというのでSICKOを映画館で見た。

アメリカの保険制度のひどさを糾弾したもの。
アメリカは国が運営する健康保険制度がなく、
民間の保険会社にたよるしかない。
まともな保険会社はほとんどなく、支払い拒否や、
保険に入ること自体を拒否される、というような
問題が多発している。

保険に頼れないため、事故や病気をした場合でも、
治療費が高額になるため、病院を利用できない
患者が続発。医者も治療を拒否し、保険会社の出銭を
抑える医者が優秀とされるというおかしな風潮すらある。

そのような保険制度のだめさを痛烈に批判した
映画である。

とまぁ、内容はこんな感じ。

確かにそうだなぁと思う。フランス、カナダなどは
医療費が無料。誰でも等しく治療を受けられる。
確かに税金は高くなるが、いつも病気や怪我を不安にしながら、
生活すると生産性も落ちてしまうと思う。それよりは、
最低限のセーフティーネットは保障したほうが、
精神衛生上よく生産性もあがるので税収も上がると思う。
なぜその辺をアメリカ政府、国民は理解しないのだろうか。
日本も現在3割負担となっているが、無料にしたほうがいいのでは?

ところで、内容とは別のところで不思議に思ったのが、
なぜこの映画が映画として成立しているのだろうか、
ということ。
父は「賛同者から多額の寄付が集まっているからだろう。」と
言っていた。でも、寄付が集まるなら、政治キャンペーンなわけだから、
映画館で金とる必要ないじゃん。
やっぱり、お金を払っただけこちらは何か啓発されたということ
以外に受け取ったのだろう。だって、啓発にお金払うのって何か
変な気がする。おそらくそれはやはりエンターテイメント性
だと思う。これは政治批判を楽しむというエンターテイメント
なんだなって、勝手に結論付けた。エンターテイメントだからこそ、
映画館でお金をとれる。

もちろん言っている内容は事実なんだと思うし、
私も保険制度に対する問題意識を高めた。
でもこれはエンタメビジネスの一つなんだってことを
意識しておくことも大事かなと思う。
























posted by 横浜振動 at 01:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

働くことについての周囲の意見@

今日父に言われたこと、居酒屋で。

「第2次産業までしかなかった時代は良かった。
もの作りというものはほとんど必ず人のために
なっているからな。でも、第3次産業は、サービスという
ある意味あいまいな商品を提供することっていうのはな、
必ずしも人のためにならないこととか、むしろ世の中にとって
よくないことってこともよくあるんだぞ。
例えば、保険会社で保険の支払いを断る部署の人とかね。
最近でいうと社保庁の人なんかもかわいそうだよな。
だから、お前がベンチャー企業に入るのを考えているのも
ちょっと心配なんだ。ベンチャー企業はそういう会社が多いからな。」

みたいな話をしてくれた。
ベンチャーに対する意見は少し偏っていると思うが。
やっぱり人のためになってない仕事っていうのは
不幸なのかもしれないな。とちょっと思う。


ラベル:仕事 労働 親子 保険
posted by 横浜振動 at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 働くということ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月31日

パスカルズLIVE@横浜THUMBS UP

2007年8月29日水曜日、横浜THUMS UPにて
パスカルズのライブを見た。

自分は最近、「たま」というイカ天という音楽番組でスターになった
バンドが好きになり、(「さよなら人類」で有名)
メンバーの石川さん知久さんが参加している
パスカルズというバンドに興味を持った。

一度もCDを聴かずにいきなりライブから
入ってしまったが、これも何かの縁だろうと
思って参加した。

非常に素敵だった。どこか切ない音楽。
ものすごく楽しい曲調でもなんか悲しさが入る。
あれはなんだろう。おもちゃの楽器がものすごく
ノスタルジーを誘う。しかもそのおもちゃの楽器を
演奏しているのは、もう40代の大人の方々。
でもそれがいい感じで、高度成長期に公園に紙芝居を子供たち
に見せていた人のような、ノスタルジーを感じさせる。

CDを買って帰ればよかったが、
金が無く断念。また今度買おうと思う。

まず最初に石川さん、知久さん、友部正人さん(石川さんが勧めてた
のでファンになった)が見れて感激。
石川さん、知久さんはYOUTUBEで90年頃の映像はたくさん見た。
いまおいくつぐらいなのだろうか、おそらく40代なかばには
なっていると思う。二人は10代の頃から一緒に音楽をやっている。
腐れ縁というか、たまのメンバーの中でもものすごく相性が
いいのかもしれない。二人はあまり元「たま」と言われたく、
あるいは、言いたくないのかなと思った。パスカルズの
ホームページにもはっきり書いてなかった気がする。
そういう姿勢って、心底音楽が好きなんだなというのが
わかる。かっこよすぎる。

自分はどうしても石川さん、知久さんを「たま」の人として
見てしまっていたのだが、二人は完全にパスカルズの一員として
馴染んでいる様子が少し意外だった。90年頃のたま時代、
二人は唯一無二のバンドを目指し個性を発揮していて
まさに「俺が俺が!」という感じだったと思う。
でも、パスカルズでは、自分を前面に出さず、
チームの一員として演奏しているようだった。
二人にとって、音楽は自分を主張するものではなく、
純粋に楽しむものなのだろう。これまたかっこよすぎる。

そして友部さんの声がほんとかっこよかった。
あの声で食ってきたんだぁと感慨深く思った。










posted by 横浜振動 at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ、イベンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月28日

謙虚な君

謙虚な君



やっちゃった、えへへ

で笑ってすまそうとした君は

決して許されるものじゃないと

気付くのに

人をひき殺した瞬間から

4秒はかかっただろう

本当の趣味は

人に言うもんじゃないと

いつも言う君が

容疑者になるのは

至極自然なこと

先輩から可愛がられるタイプだと

謙虚に自慢していたね

自分はこんなひどい目に

合うはずはないと

信じこんでいたことだろう

でもその瞬間がきた

当然のことながら君が集める

すさまじい同情は

僕の心を暴力的にえぐる
ラベル:事故 殺人 ポエム
posted by 横浜振動 at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

老い

老い



20代なかば

早くも考える

これは老いだろうか

ミクシで知り合った

10代の女の子の

あふれんばかりの才能

遊び心 教養

それに比べて

俺の頭のかたさ

センスの無さ

認めたくない

情報環境の違いが

理由だと思いたい

一世代上を馬鹿にしていた自分が

一世代下を恐れている

馬鹿馬鹿しいと思いつつも

19歳に人間のピークがあると

信じてしまう自分が

ガキであってほしい
posted by 横浜振動 at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1945年のドラムンベース

1945年のドラムンベース



無限ループする蝉の声

蒸発する暑さのなか

防空壕に向かって走ってた

真夏のひるどき

田んぼに爆弾おっこちた

むなしく爆発 人死なず

戦時中

ドラムンベースを聴いてたと

自慢するじじい達は

さぞ生きづらかっただろうよ

無限ループする蝉の声

アーメン

アーメン





テクノラティプロフィール


posted by 横浜振動 at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月27日

戸塚、ただなんとなく戸塚。

今日職安に行った帰りに戸塚をぶらぶらしてみた。

そしたらものすごい都市開発をしていた。
西口の商店街が跡形もなく消えていた。

消えた店はどこへ行ったかというと、
戸塚開発現場JPG
戸塚ウエストという3階建てくらいの仮店舗施設に集合していた。
仮店舗というだけあり、つくりはプレハブ小屋を綺麗にした
ような感じ。
TS350070.JPG

この美容室のネーミングは昔ながらの商店街のセンスで
ださくて好き。
TS350069.JPG


そしてなぜかトイレはエコだった。
TS350071.JPG

TS350072.JPG
流さない小便器だそう。すごくローテクなエコテクノロジー。

昔の商店街がなくなってしまうのは残念。
なぜ日本の都市開発は新しい建物を建てればいい
という発想になってしまうのだろうか。
古い建物のまま新しい風を吹き込む工夫は
できないのであろうか。
戸塚の行政もこのホームページを見ると
彼らなりに頑張ってはいるようだが、
どうも腑に落ちない。
http://www.city.yokohama.jp/me/toshi/totsusai/index.html

横浜の関内あたりは割りと上手い具合に
古い建物を利用した街作りに成功していると思う。
BankART1929
ZAIM
横浜赤レンガ倉庫

まぁあのあたりは立派な西洋式の建物が多く、
現代においてもファッショナブルになりやすい
という有利な点もある。でも、戸塚のど〜しようもない
ようなぼろっちー商店街だって、見せ方次第で
ファッショナブルになると僕は思う。
たぶんその見せ方がイメージできたないので、
安易に近代的なでっかい建物つくっちゃえ、
っていう発想になってしまうのかなと思う。

あと、東海道という昔っからの街道があって、
古くていい感じの建物が意外と多い。
こういうの使って何かPRにつながる
ことはできないだろうか。
TS350077.JPG
たばこ屋なのか呉服店なのかはっきりしてほしい。

TS350078.JPG
いい感じの銭湯もあった。

踏み切りの横にある、めちくちゃ細い道を通らなくちゃ
行けない、古本屋PARTY。かなりマニアックなものがたくさんある。
私の記憶では10年以上はあそこにあり地味〜な古本屋だったが、
最近かなりトレンディなアキバ系っぽい商品になってきている。
2階はエロ関連。なぜかレディオヘッドやニルバーナなんかの
ポスターがたくさん貼ってあり、店員にオルタナロック好き
がいるとみた。
TS350075.JPG

TS350074.JPG

そして戸塚にはどでかい企業がある。
日立、ブリジストン、ポーラ化粧品。
以前日立の社員の方と知り合ったが、
日立社内では「戸塚」という単語が、
「横浜」の代わりに使われるくらい
戸塚はメジャーな存在だ。
TS350085.JPG

あと戸塚で気になった看板など。
TS350086.JPG
パチ屋の看板。地方都市にありがちだが、
戸塚もパチ屋はびこりすぎじゃない?
パチンコがほんとに戸塚を元気にできるだろうか?
パチンコは社会にほんとうに夢を与えてるだろうか?

TS350087.JPG
ぼろぼろのバドワイザー。

TS350083.JPG
ユニー。戸塚関係ないけどDAISOの看板なんでオシャレ路線に
しようとしてるの?
アルファベットにする必要なし。

TS350091.JPG
いまどき家の前で自作の野菜を売っている。

東京都の下北沢などでも再開発でもめている。
http://www.stsk.net/
ただ、下北沢は戸塚と違い、ある層の若者が多く、
近代的なインフラに頼らなくてもカルチャー面で
存在感を発揮することができた。

だからといって戸塚には無機質な建物を作る
ことしか方法がなかったのだろうか。

戸塚ぶらり旅の日記を書こうとしたら、
都市開発のかたい話になってしまった。
また改めて戸塚は掘り下げたい。










posted by 横浜振動 at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅とか街とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

聴いてるポッドキャスト

ようやくポッドキャストというものが
自分の生活に定着しだしてきた。
そうなるとかなり生活が変わる。
情報のインプットがかなり増える。
駅まで歩く時間、今までなら音楽を聴くのに終始して
いたところ、今はポッドキャストでアカデミックなトークや
お笑いなんかが聴けてしまう。すんばらしい仕組みだと
思う。副作用として音楽を聴く時間が減ってしまっているんだが。
ポッドキャストの弱点は著作権で保護された音楽を放送できない
ということだ。これはイタイ。
しかし、これのおかげで既存のラジオ局は生きながらえれて
いるのかもしれない。

さておすすめ番組だが
1.TBS RADIO 文化系トークラジオ Life
この番組はTBSラジオで放送されているものをポッドキャストで
ほとんどそのまま流してしまうというものだ。学者や雑誌編集者が
毎回政治文化などの一つのテーマについて語りあうというもの。

私はこの番組から非常に多くの知識を得た。世の中には
賢い人がたくさんいるんだなと感心した。
このようなグチグチと語る番組は、雑誌を除いた
マスメディア史上初めてなのではないだろうか。

グチグチとマニアックなことを根暗に語って、
周りから疎まれてきたグチグチ君たちには朗報であろう。

2.湯川鶴章のIT潮流
時事通信記者での湯川鶴章氏による、IT業界やWEBマーケティング
についてのポッドキャスト。業界の人の現場の意見が聞ける。
例えば、電通や博報堂の人にインタビューして、セカンドライフへの
両社の取り組みなども垣間見える。
IT、WEB系の情報はアップデートできる番組になってます。
アップデートできるどころか、業界の人よりくわしくなってしまうかも。

3.ゲンダイモンダイ
関西と関東の二人の大学生が、政治、社会、文化について
語る。例えば、最近では構造改革特区やポッドキャストをテーマにしていた。
よく勉強している学生なので、学術的な知識の
インプットに役に立つ。大学の授業を受けているかのよう。
また、プロのラジオパーソナリティ?と思うほど、
なめらかな進行。不愉快さを与えない感じもいい。
自分もポッドキャストやりたいと思った

ただ、二人とも学生のため、どうも本で得た知識という感じが
してしまう。社会に出なくても、もう少し現場の人にインタビューを
するなどジャーナリスティックな手法で真実に迫ってもいいかなと
感じる。特に、雇用や労働の話題になる時は、労働の現場を
知らないのかなぁと思ってしまう。

ただ、総じて非常におもしろく勉強になる番組。
これからも続けてほしい。

4.JUNK 爆笑問題カーボーイ
爆笑問題のラジオのポッドキャスト版
説明不要でしょう。

5.ウェーバー社会学講義
どこかの大学のウェーバー社会学の講義を録音しポッドキャストに
したもの。最近聞き始めた。先生がいい声なので聴いてる。
高校の時の日本史の先生の声に似てる。癒される感じ。


まぁメインはこんな感じかな。
日本でこんだけポッドキャストが充実してきたんだから、
海外でもかなりのものなのかな。
英語の勉強もかねて聞いてみたいな。
面白い番組あるかな。


posted by 横浜振動 at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | IT、ネットワーク関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハイスクール詭弁組

ハイスクール詭弁組



みんな詭弁だ

平和主義のつもりだろうが

牙と爪を隠しきれてないぜ

おまけにてめーはどーしよーもねー甘ったれ

女一人落とせなくて

営業なんてできるはずねー

まるくすしゅぎかぜをよ

ぴゅーぴゅー、ぴゅーぴゅーよ

吹かせてるくせによ

オナニーは右手でしかしねー

てめーはど〜〜〜しようもねー

あー、うぜー

あー、川の流れのように
ラベル: ポエム
posted by 横浜振動 at 01:56| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月26日

小さな会社のつくり方

 自分で食ってく!?という考えが最近あり、興味本位で読んでみた。
すごくわかりやすい本。会社を作る時、実際どんな書類を作ってどの役所にどのタイミングで届ければいいの?といったことがよくわかった。

 また、会社を作る工程を知ることで、会社の仕組みがわかるという副産物も得られた。会社には最低限こういう機能が必要で、こういう関係者達がいて、といったこと。また、会社が分かると、様々な社会のことがわかってきた。例えば、税務署ってそもそも何?自治体の役所って何してるの?司法書士や税理士ってどうやって食ってるの?といった疑問も、会社とのつながりのなかでわかってきた。
 
 起業でなくても何か独立を考えている方にはおすすめの一冊。


ラベル:起業 ベンチャー
posted by 横浜振動 at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。