2007年08月25日

社会科学と社会政策にかかわる認識の「客観性」

 この本は、TBSラジオの文化系トークラジオLifeという番組のメインパーソナリティのチャーリーこと鈴木謙介氏がお勧めしていたので読んでみた。

 社会学というものは、社会というものを客観的に見ていて、単純に傍観するだけで参加者としては何もしないという意味で少し抵抗があった。かといって、社会学的なことをLifeのような番組を聴いたりして頭で考えることは、楽しめてしまうという性質が自分にはあり、いつも矛盾を感じている。自分としては、傍観者ではなく、プレイヤーになりたいからだ。正直、傍観者は何も生み出せないという考えがある。社会学者に社会を変えることができるだろうか?彼らは単純なエンターテナーなのではないか、と思っていたこともあったが、最近では彼らの「啓発」という行為がもしかしたら社会を極端に悪い方向に走らせない歯止めにはなるかもしれないという考えも少し出てきた。

 そんな社会学に対して多少複雑な思いを持っていた自分だが、社会学の深みにはまるべくマックス・ヴェーバーの著作であるこの作品を読んでしまった。

 だが、一度読んだだけで理解するのは難しい表現が多い本だった。社会を見る上で客観性を持つことは非常に難しいというような内容だったと思う。社会における観察したい事象を「選択」する時点で、客観性が失われるということか。
 
 確かにそうだ。学者が言うことでさえ、結局その人の「好み」で言っていると思うことがよくある。社会学に正解はあるのだろうかと考えてしまう。私は大学で経済学を専攻していた。感覚的には、経済学は社会学と違って、正解が存在するような気がする。ただ、その場合、宗教なんかが必要で、「どのような状態が人間にとって幸せか」を定義しなければならない。ある人にとってみれば、お金があることかもしれない。ある人にとってみれば、時間があることかもしれない。人とのふれあい、一人で生きること、家族に尽くすこと、質素に暮らすこと。様々な価値観が存在するが、どのような価値観を重視するかを決めることができれば、経済学は正解を持ちうるのではないかと思う。ただ、それば非常に難しい。一つの価値観に決めてしまうのはファシズムにつながるかもしれない。現在、経済学は「money」を価値観に統一しているため、ある程度の有効性を示せている。が、最近では様々な価値観を主張する風潮があり、現状の経済学が批判されている傾向がある。

 この文章を書いていて気付いたが、ヴェーバーが書いていた「事実の把握」と「価値判断」を分けて考えるということは上記のようなことをしっかりと認識するということかもしれない。

 この本では、私が理解できること以上のことを言っていた可能性がある。また時間を置いて読んでみようと思う。




posted by 横浜振動 at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月04日

ruff

相変わらず、岩手のparametoricaさんは素敵なサウンドを届けてくれる。

日本にもこんな人がいるんだなと少し嬉くなる。
しかも、定期的にブログを見させていただいているが、
作品の制作ペースが本当に早い。

これはruffというトラックみたいです。
http://parametorica.seesaa.net/article/26420833.html

是非聴いてみて。

いやぁ、今後が楽しみだなぁ。
posted by 横浜振動 at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月21日

大道芸人ふくろこうじで感動!

今日横浜の伊勢崎町で大道芸祭りがあった。(明日もあるんで暇な人は是非!)

ふくろこうじという大道芸人を見て感動してしまった。

パントマイムや物を使った芸でクスっと笑ってしまった。演劇のようなストーリーがあり表情も豊か。人の良さがにじみ出ている表情。最後はなぜか泣かせるエンディング。たった一人の芸でここまでストーリーが作りあげられるのかと思った。

終わった後、チップを求める彼。見ていたお客さんはみな感動し、次々にお金を彼の帽子の中へ。こういう時にお金を払った経験はないが、僕にしては大金の500円をあげた。それだけ楽しませてもらったと思えたから。


僕は一つのことを学んだ。アーティストに感動させてもらったら、それだけの対価を払うのが正しい姿勢だと思った。なぜなら、彼らのような存在が世の中にいなかったら、この世の中はつまらないものになってしまうからだ。

世の中をよりよくしたいのなら、そうすべきだと思った。音楽に関しても、友達のCDを焼いたり、無料でダウンロードするんじゃなくて、ちゃんとCDを買ってあげなきゃいけないなと反省した。感動させてもらっているんだから。


ふくろこうじ
ラベル:大道芸 横浜
posted by 横浜振動 at 23:42| Comment(2) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月15日

深い河

遠藤周作の「深い河」を読んだ。

インドを舞台に繰り広げられる中高年の男女達の物語だ。ここ最近インドネタばかり書いているので、インド専用のブログだと思われてしまうかもしれないが、そういうわけではない。最近、インドに旅行したばかりとあって、インドへの思いがすごく膨れ上がっているんだ。

インドの描写は本当にリアル。9月に行ってきた僕も思い出すことが多かった。

西洋的な善と悪の二分法は必ずしも正しくはないという思いはますます強まった。

ただ、遠藤周作はキリスト教徒である。この物語で描かれている東洋はキリスト教の視点を通して描かれているのは間違いない。西洋のインテリがわかりもしない東洋に理解をしめす感じは多少ある。

ただ、遠藤周作のインドの描写は素晴らしいと思うのは確かだ。

僕もインドのガンジス河で沐浴した。インド人がよく飲むミルクティの色をした河だ。他宗教の僕が沐浴したら白い目で見られるのではと心配だったが、意外にもインド人は好意的で、沐浴の仕方を丁寧に教えてくれた。水を前方に掬うようにして太陽のを目掛けて持ち上げる感じだ。僕がそうやるのをインド人達は喜んでいるように見えた。
ラベル:インド 遠藤周作
posted by 横浜振動 at 22:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月08日

インド音楽との出会い

インド激辛.jpg奈良にインドインド音楽茶屋Ragamala
http://ragamala.exblog.jp/という店があるらしい。店主はかなりインドでシタールなどの楽器を習っていたみたい。僕もタブラだったら是非ならってみたいと思う。奈良かぁ。遠い。

タブラの音とリズムはほんとにかっこいいよな。現代のヒップホップやドラムンベースにも近い気がする。

そもそも僕がインド音楽に出会ったきっかけは、「インドカレー屋のBGM 激辛編」という1枚のCDがきっかけだった。タブラーでこんなにダンサブルなリズムができるのが驚きだった。かわいらしい女性ボーカルはアイドル感たっぷり。男性ボーカルとのかけあいもロマンチック。

ここで全曲試聴できるからちょっと聴いてみて。

http://www.jvcmusic.co.jp/-/Discography/A010090/VICL-61801.html

インド音楽を是非自分の音楽に盛り込めたらいいなと思う。単なるサンプリングソースとしてだけでなく、インド音楽の音階や展開の感覚を使えるようになれればいいなと思う。
posted by 横浜振動 at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。